みやびホーム

新築のこだわり

  • TOP
  • 新築のこだわり

マイホーム計画から完成までの流れ

マイホーム計画から完成までの流れ

土地探しからインテリアコーディネートまでトータルでご提案

お客様のを叶える

家を購入される時に検討される所は予算や建物品質、建物保障など様々な箇所があります。
みやびホームは建物品質に力を入れハウスメーカーとは違い、お客様と共に理想の家づくりに取り組み、暮らしやすい空間と設備などお客様に合わせた家を設計いたします。

お客様のライフプランに合わせた
費用のご提案

家を建てるイニシャルコストだけではなく、家が建ってからのランニングコストもトータルでプランニング。
お客様のライフスタイル、家族構成など、しっかりヒアリングした上で家計簿診断や光熱費シュミレーション、家計に優しい経費削減のご提案をいたします。

高性能住宅(ZEH)への
取り組み

省エネと創エネで住まいのエネルギー収支をゼロに。
みやびホームは2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及率50%以上を目指します。
家族の健康とエネルギーの未来を考えるエネルギーゼロの住まいを今から実現しませんか?

ZEH (ゼッチ)ってなに?

生活エネルギーを「減らす」と
「創る」で「0」にする住宅

NET ZERO ENERGY HOUSE
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

の略称です。

ZEHについて

※【 】内は地域区分6のUA値(建物内部から外へ逃げる単位時間あたりの熱量を外皮等面積
合計で除した値で、この数値が小さい程、断熱性能が優れている)

※HEAT 20とは「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称の事。
住宅の更なる省エネルギー化の為、断熱等の建築的対応技術に着目して住宅の熱的シェルター
の高性能化と居住者の健康維持と性能性向上の為の先進的技術開発、評価手法、
そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体。

国は2020年までに標準的な新築住宅でゼロ・エネルギー住宅化を目指しており、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を導入しやすいよう補助金制度などの優遇措置もあります。

みやびホームは国策の流れに沿った家づくりのご提案をしています。

ZEH補助金制度

国土交通省からの補助金制度 国土交通省からの補助金制度

暮らしの質を進化させる

スーパーウォールの家

耐震に強いSW(スーパーウォール)の家

国土交通大臣認定 木造最高壁倍率 5倍パネル

スーパーウォール 壁パネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化した構造パネルとして、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」を実現。国土交通大臣認定を取得しています。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になりました。

壁倍率とは、地震の横揺れに対する強度。数値が大きいほど強い壁を表します。(壁倍率1倍は、軸組工夫の柱間に90×15mmの木材を筋交いとして入れた場合の強度)

左の図で変形した面積が同じなら、右の壁は水平方向の外力に対して、左の壁の5倍の耐力を持っている—すなわち「壁倍率5倍」ということになります。

効率よく耐震性を高める
壁倍率5倍のパネルを実現

壁倍率5梅の比較実験の動画

耐震だけじゃないSWの家の性能

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。

太陽光発電システムの利用

太陽光発電システムの採用でゼロエネ化が実現可能です。SWの家なら、16万円以上(41%/年間)の水道・光熱費を節約。すぐれた遮音性能により音のストレスからも解放。(外=80dB→中=50dBまで減衰)

冬でも暖かい健康住宅

家の中の温度差が少ないため、冬でも家中が暖かい、機密・断熱性の高さが健康改善に効果的であると実証されました。
冬も夏も必要以上にエアコンの設定温度を上げ下げすることなく、心地よく過ごせます。

高性能断熱による
魔法瓶のような空間

少ない冷暖房エネルギーで夏も冬も快適で均一な温熱環境を維持することができ、一年中心地よい暮らしをかなえることができるのです。断熱材内部の結露による劣化を35年間保証します。また、計画換気システムで24時間健やかな空気を保ちます。

保証・検査付きの安心建物

保証について

ハウスメーカーと工務店の保障の違いで選ばれていませんか?
みやびホームは日本住宅保障検査機構(JIO)の保障を備え建物を施工し、安心して過ごしていただける住まいを設計しております。もちろん耐震設計もしっかりとおこなっております。日本住宅保障検査機構の保障についてはこちらからご確認ください。

検査について

建築中に不備がないかを第三者機関の日本住宅保障検査機構(JIO)が建築中に現場検査を実施します。
検査では建築士の資格を持ったJIOの検査員が、「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」についてチェックします。

まごころサポート

お客様のご要望にあわせて土地探しのお手伝い、家族の暮らしにあわせた間取りや空間のご提案など、価格以上にご満足していただける住まいづくりのお手伝いをいたします。もちろんアフターケアも万全、建て終わってからもお気軽にご相談ください。

mail

PAGE
TOP